上手な利用法

デザイン販促品を制作する時は最低自社ロゴもしくは自社名を入れなければなりませんし、何をアピールしたいのかも明確にしておかなければPR度は極めて希薄になってしまいますし、可能なら自社製品の写真も入れたいと考えるなら、デザインやレイアウトを合わせて検討しなければなりませんが、みんながみんな絵心があるわけではありませんから、そこは専門のデザイナーにゆだねる事になります。

それなら色や図柄入りのノベルティを選択すべきですが、これぞサイトならではと思えるサービスの中にデザイン入稿ができる窓口を設置しているものがあります。イラストレータ-などで加工した図柄をサイトから入稿できるシステムです。まさに経費削減を目指す法人や個人に最適なシステムです。名入れはもちろん文字入り、フォーマット変更、さらにデザイン組み替えから文字追加まで、多種多様の加工ができますから他にない自社オリジナルの販促品を制作したい人には最適なサイトです。

経費をかけられるならデザイン制作も請け負ってくれますから、新しい方向性での販促品制作を検討しているならまさに最適です。同じイベントを定期的に開催するなら多少余っても、ものによっては使い回しができるのですが、入れ替えをしたいという時にアウトレットとして再度サイトから市販される事もあります。そうした中から自社販促品となり得る製品を見つける事もできます。

ノベルティ制作サイト

ネット環境ノベルティにせよ販促品にせよ、購入はノベルティサイト経由で行われる事が多くなりました。ネット環境にあれば24時間発注ができますし、所定時間内ならお問い合わせも可能です。ただしこれまでにも言われてきた事ですが実際に現物を手にとって確認できない危うさがありますから、サンプル品を発送してもらうことが大事です。もちろんその分費用は発生しますし、日数もプラスされますが量産前にサンプル品を見ておくことは非常に重要ですのでこの作業は省かないようにして下さい。ノベルティ制作会社「ノベルティガレージ」のサイトにもきちんと記載がありましたが、基本的にきちんとした制作会社であれば、サンプル品で一度確認することを薦めていますので、このような信頼できる会社を利用するようにしましょう。

また、サンプル校正という方法で、
実際の商品にご注文いただいた内容の名入れをした見本をご確認いただくことも可能です。
費用は別途発生いたしますが、量産前に、名入れの位置やインクの色を実物で確認していただくことが
可能になりますので、数量が多い場合や特色・複雑なデザインなどを名入れされる場合は、
サンプル校正をお薦めしております。

ティッシュ以外でも綿棒や油取り紙など衛生雑貨が配布される事もありますから、商品の種類がなんであれ幅広く制作できますからターゲットを細かく絞り込むノベルティやプレミアムほどには商品選びに困らないのですが、なるべく即効で破棄される事がないようにシーズンにあった便利グッズがオススメです。

集客も兼ねてオリジナル販促品を参加者と一緒に作るワークショップを開催するNPO団体なども、たまにみかけますが配布の仕方は1つだけではありませんから、目的にそったイベント企画を検討してみる事も良い事です。

参加してくれた人たちが広告塔になって他のお客さまを集めてくれる事もあるからです。そうしたオリジナルアイテムの土台を準備する場合でもノベルティサイトは使い勝手が良好です。より安く土台を購入するためにも割引キャンペーンを展開しているサイトを見つけてみましょう。

販促目的のノベルティ

ティッシュ販促品は不特定多数の人にいわゆるばらまきのような形で無料配布されるグッズを一般的にはさしています。購入してくれた人や訪問してくれた人向けに対象を絞って同じく無料配布されるノベルティと区別される事もありますが、一個何十円という事以外はさほどの違いはありません。似たようなもので景品あるいはプレミアムもありますが、こちらは購入者もしくは購入見込み者向けに配布されますから、より対象が絞られます。

販促品として商品を購入したい時も一般的にはノベルティサイトや販促品専門店で購入可能ですし、不特定多数への自社製品の告知あるいは購入・来店を促す目的上、宣伝的要素がより強化されます。そうした事から大ロットでの購入が多いですし今すぐに役に立つ雑貨などがグッズとして撰ばれます。駅周辺で店舗までの略式マップや自社サービスあるいは商品の画像が印刷されたティッシュが、街頭を行き交う人たちに配布されているのを見かけるはずです。

選挙が近くなると支援者らによるティッシュ配布がされています。販促品と聞くとティッシュを思い出す人も多い事でしょう。他にも綿棒やミニウエットティッシュなどもよく配布されています。チラシだとすぐに棄てられてしまうリスクを伴うのですが、ティッシュのように役立つ雑貨なら大半の人は受け取ってくれますから、広告がしっかりと脳裏に焼き付いてくれるメリットがあります。費用も一個何十円というレベルですから経費も安くすむ事もあって、気軽に制作できるのも魅力の1つです。